藍色の夢をみた日

「 君の声だけがどんな雨もよけてくれたんだ 」

コブクロ”心ツアー”@福岡マリンメッセ 0923-24(2days)

心ツアー福岡編。(2日連続更新なんて珍しいことしちゃう。)
※ネタバレあります。

 


----


北海道が終わって気づいたこと「え、私。さいたまのファイナルのチケットしか持っていない…」(※もはや普通の感覚ではない)
福岡が大好きな街だということと、マリンメッセが個人的に大好きな会場だということ。それと、福岡で歌う二人が好きなので福岡に行かないという選択肢はないだろう~~~ということで今回も迷わずトレード。今回も何度もお世話になったトレード。笑
大好きなトトさんが、お隣に誘ってくださって奇跡ツアーぶりにご一緒できたのも楽しかった♡開演までのあれやこれやのお話だけではなく、ライブ中の発狂ポイントや、終わった後の細かすぎるツボについての討論など…毎回めちゃくちゃ楽しい。

 

福岡では、小渕さんが蒼く優しくで今ツアー初めてフェイクをした黒田さんに向かって「くろだっ、あんなところでフェイクするなんて…!おまえすごいわ!」みたいな感じでツッコミを入れつつ感動してらっしゃったのだけれど、その小渕さんに「そう!!!!わかる!!!!そこめっちゃよかった!!!!!」って話しかけるふたり。(おバカすぎる)それくらいに、最高でした。福岡はやっぱり会場の雰囲気もあたたかくて、小渕さんもなんだか嬉しそうで。楽しそうで、好きだなぁ。

 

「蒼く優しく」のフェイクはほんっっっとうにすごかった。今どこに~の後だったかな…「え、そこでそれ入れる!?」っていうくらいに熱量が高まったところでどかーんと声が降ってくるというか…なんていうのだろう。どんどん迫ってくるような、どことなくキリキリしたような。切迫感っていうのかな。その中で、そこまで畳み掛けてくるか~~~って唸ってしまうような歌で、圧倒された。全身全霊、というのはこういうときに使う言葉だなと思ったしやっぱり黒田さんの声は樹木のようにどっしりとしていて重たくて。それでいて、迫力があるなぁ…と改めて。小渕さんの声は万華鏡みたいだし、キラキラしていて素敵。

「未来」もよかったのです。とってもとっても素敵な未来だった。ツアーが進んでいくにつれて「未来」が大好きになっていく。最後のそばにいたいからのハーモニー素晴らしかったの。「土手に枝垂れた」でときめきすぎて死ぬかと思うくらいに。やさしくて、あたたかいのに、どことなく切ないあの声。しかも、蒼く優しくの黒田さんのフェイクを受けて小渕さんも未来でフェイクを~~~~(歓喜)この、いつだってお互いを一番にリスペクトしつつも、ライバルだと思っているようなこの関係がとっても素敵だなと思うし、何年たっても相方を「そんな引き出し持ってんの~~~~すげぇ~~~~」って思っているようなのが見える歌だった…すさまじいぞ、コブクロ。どんどん曲が育っていく、まさに「曲の蕾」たちがどんどん花開く時を待っているような。

 

あとは、トキメキで「今日の福岡っ♪トキメキが止まらないっ♪」って替え歌したのがとっても愛らしかったのと、黒田さんの彼氏感が爆発していたのが素敵だった…顔傾けて歌うのは反則です。2番前の間奏のギターソロのリフがどんどん格好良くなって、黒田さんのフェイクもどんどん相乗効果で凄くなっていくのもこれがバンドとのグルーブ…!と毎回お手上げ状態になる。黒田さん、福ちゃんの方見てめっ~~~っちゃ嬉しそうな顔するし、今日の最高~~~みたいな顔するもんね。わかる、最高だった…笑

 

ストリートのテーマでギターを弾くのも恒例になってきて、小渕さんが「くろだだけで弾け」ってジェスチャーして。黒田さんのギターだけの音になったら不協和音になってしまったときに冷静に「ひとつズレてる」って言った後に「もう一回やってみ?」って呟いた小渕さんの声が…もうね、…めっっっちゃ恰好よかったの、伝われ…。なんていうのだろう、低音の。きゃぴきゃぴしてないやつ。言葉選びも絶妙ですよね…もう一回やってみ…。そのあと小渕さんがコードを押さえて黒田さんが弾いてみると「じゃ~ん♪」ときれいな音が鳴って、「ほらなっ♪」みたいな顔した後に、「そうやって弾いたらみんな歌えるやん~~~!なぁっ???♡」って言ってました…かわいいとかっこいいの共存…。

 

LIFEで心くんの映像が流れ始めたのもアリーナになってからだったので、心くんの可愛さと、映像のストーリーをコブクロに重ね合わせてしまって泣きそうになるのと、で忙しかった。
ハープに心くんを小渕さんがくっつけていて、最後はその心くんが映るっていう演出があったのだけれど、2日目は黒田さんがこっそり「くろちゃん」を勝手に作って心くんの横に貼っていたみたいで小渕さんのハープには2人の紙の人が。

「心くんと黒ちゃんっ♪あとこぶちくんっ」って黒田さんが言ったのかわいすぎました…。なぁに、それ。くろださんが書いた「くろちゃん」はつり目だしあんまり可愛くなくて、小渕さんが「なんなんっ、この意地悪そうな顔っ!!!!」って言いつつ、場内ほっこり。相変わらず仲良し。可愛いなぁ。ここで流れる映像がとっても素敵だったなぁ。


アリーナはやっぱり照明が美しくて。虹のときに虹色になるのも、君という名の翼で場内が一気に青色に染まるのも大きな会場だからこそ更に映えるなぁ、と思いました。
福岡、とってもとっても大好きな街。また来年も必ず。

以下、ついったーまとめ。

 

 

ちゅーすんのかなと思ったのは神風の「あなたをだれにも渡さない~」から「キスをした~」まで汗でべったべたであろう小渕さんの肩に、腕を置いてずっと隣にいて歌っていたからです…置き方かっこいいのだもの…あんなのずるい…爆モテです…お手上げです…。お次は広島。

 

コブクロ”心ツアー”@札幌 ニトリ文化ホール0903(2日目)


京セラ2日間が終わり、残すところさいたまのみ。心ツアー、始まったのは夏だったのに!あっというまに冬!ふたつ季節を超えている…!


ということで、今回は北海道編。心ツアーを振り返ろう、のコーナーです。ハガキ部も結構ぎりぎりなのに、ブログを書こうというこの現実逃避感ね。

今回もTwitterをメモ代わりに残すのが主になるかと思います。 ※ネタバレあります。ご注意くださいませ。


---

北海道は、家族での参加。母、妹との3連番。毎年恒例なのですが今回は2泊3日の小旅行を兼ねたライブ遠征となりました。
めったに泣かない妹が、ぽろぽろ涙をこぼしながら聴いていたのが「蒼く優しく」だったのがとっても意外で。「心もよかったけど、なにより蒼く優しくがよかったなぁ。」とぽつぽつ話しながらニトリ文化ホールから歩いて帰りました。

 

一番端ということで、画面が見えづらかったりアンプの真ん前でなかなか音が聴きづらかったりと。気になることはいろいろあったけれど、ライブはやっぱり最高で。会館ラストということもあって小渕さんの影アナあり。(めちゃくちゃテンション高い)(何言ってたかは忘れたけど、会館ラスト~~~気合い入ってるぞ~~~みんなも盛り上げてね~~的な奴だと思う。めちゃくちゃテンション高かった)ライブ中も、熱量がすごくて、めちゃくちゃ楽しそうにはじけていたよ。ミッキーマウスかな、と思った。


この日は、HELLO NEW DAYが最高だった…!やわらかい風そのもののような歌声で、心地よくて溶けそうだった。あとトキメキの途中で、福ちゃんと小渕さんが交互にギターでリフ弾くところで。小渕さんパートの前に黒田さんが「こぶちぃっ!」って合いの手みたいに名前呼ぶ工程が何回かあって。名前呼ばれて煽られるたびに、カッティングのリフのバージョンがぐんぐん格好良くなっていくのが凄まじかった。めちゃめちゃにすごいやつたくさん弾いてた。めちゃくちゃ煽ってたなぁ。笑

 

StartingLineの前に「仕事を辞めた日が僕にとっては始まりの日。」と話してくださったのがめちゃくちゃ響いて。立ち止まってから初めて、立ち止まる人の気持ちが分かったからそういう歌を書こうと思った、どか内面をちらっと見せてくれる話が多かった気がする。活動休止の話をしたのも北海道だった、という話も。

「ゴールはまだ見えないけれど、ここがゴールだとふたりが思えた場所をゴールにしようって、コブクロを始めた時から話していました」

「苦しい、しんどい道をわざわざ選ぶ人はあんまりいないかもしれないけれど、自分自身が選んだ道が必ずどこかに繋がっているし、遠回りかもしれないけれど絶対に無駄にはならない。」「どのコマで止まるか、選ぶのは自分次第」

 

悩んでいたことを見透かされた気分になった。すごいな、こぶちさんは。毎回思うけれど、北海道でのMCは私の心に突き刺さるものが多かったな。救われたという言葉がぴったりはまる。「そのままでいい」と言ってくれる強さ。そして、MCが抜群に面白かったです。笑  「あの子の待ち受けが俺に変わるような、そんな歌を。今日は歌いに来た」のくだりは最高すぎました。

 

「今胸の真ん中に」でTシャツの胸のあたりをくしゃって掴んだ黒田さんもとても格好よかったし、君という名の翼の「水面」のときに指を水面に滑らせるようなジェスチャーをして歌っていたのも好きだったな。

白雪のCメロ後のピンクの紙吹雪に包まれて歌う小渕さんなんともいえないエロさが際立ってだいすき。memoryが始まるイントロ部分まで紙吹雪がチラチラ降ってるのが、これまた素敵なんだよなぁ~~~と改めて思ったのでした。はやく映像で見たい。

 

会館は、ストリートのテーマのときのC&Rのとき自然と右側が「小渕スタンド」左側が「黒田スタンド」っていう風に分けてくれる、あの感じがたまらなく懐かしくて。とってもとっても嬉しかった。

 

アリーナみたいな煌びやかな照明はなくても、柔らかいあたたかい光が差し込む会館も好き。どちらも好きだし、だからこそどちらでもライブをしようと日程を組んでくれたおふたりや、スタッフの皆さんにも感謝だよなぁ。

 

美味しいものもたくさん食べたし、とっても気持ちの良い空気を吸い込んで、大自然に感動して帰ってきたのでした。楽しかった、北海道。

 

以下、ツイッターメモ。まとめ。

 

意外と

TwitterにMCレポがっつりしてあった。笑

ふたりの歌が私の人生を彩ってくれているんだ、って改めて思った北海道のライブでした。次は福岡!

 

 

コブクロ"心ツアー"@愛媛ひめぎんホール 1.2日目

心ツアーも残すところ、あと4公演というところで行った公演のブログを慌てて書き出す奴。(いつものパターン)あんまりにも書きたいことが山積みなのでTwitterを張り付けるという荒技を使おうと思う。
愛媛編。ネタバレあります、ご注意ください。

愛媛は初めての2days。「北海道で会館が終わってしまう前に…もうひとつくらい会館に行きたい」というとても安易な、そして欲望にまみれた考えで直トレの鬼になりました。
ご縁があってお譲りいただき参加。ありがたいねぇ、本当に。

 

どちらも甲乙つけがたいくらい素晴らしいライブでした。ひめぎんホールの、あの空間が好きだし、愛媛が大好きになった2日間。
松山の人はみなさん穏やかで優しい。いろんな方とお話しする機会があったのだけれど、全員もれなく穏やかだった。空気はおいしいし食べ物は全部おいしいし、路面電車はフォルムからして好きだし。曲がるたびにキキッと小さく音を鳴らすあの感じも、森の中を走っていくところも好きだったなぁ。

大好きな街がまた増えた夏の思い出。

 

個人的には「歌がうまいよぉ~~~~(号泣)」と言いながら泣いたり、小渕さんが「黒田のうたがすごいです(号泣)」と急に泣き出してしまうあの一連の流れの気持ちが痛いぐらいにわかってしまったり、と「びっくりしたら動けなくなる」を体感したライブでもありました。
歌がすごすぎて、後ろに倒れてしまいそうなくらい体に突き刺さってくるような感覚が凄かった。歌でねじ伏せられたし、毎回好きを更新する。すごいなぁ、ライブに行くたびにすきが増えていく。

StartingLineで何かが黒田さんに憑依する瞬間に立ち会った気がするんです。大サビ前の間奏で、フェイクしながら声出しをする黒田さん。その瞬間に、空気がガラっと変わって、声と音が混じり合って弾けるみたいに届いてきた。あんまりにも心が震えて、立ち尽くしてしまうし、動けなくなるし、完敗でした。

この日は、歌の合間に喋るというおふざけもあり。くろださんがふざけすぎて一節を歌えなくなったり、と自由気ままなふたりでした。笑


・・・・・・・終わった後にすぐに書けばいいのに、こうやって後から書くから薄れていくんだな。毎年思うんだけれど、すぐに書け私。笑
ということで、愛媛2days。まとめ。MCレポが主です。

 

 

フォンダンショコラの話しすぎである。笑

 

北海道編に続く。(はず)

「コブクロの楽曲を語りたい」アンケート結果発表!

アンケート大好き芸人、第二弾アンケート。
誰かの「好き」を聞くのが大好きなので、今回は楽曲についての「好き」を聞くためのアンケートになりました。

 

2、3週間の間に25名の方にお答えいただきました。ただのファンのアンケートにこんなにたくさんの方が参加してくださるとは思わず恐縮しております、嬉しいです。ありがとうございます!

個人的に、設問が多すぎる。難しい質問が多すぎる。というのは今後の課題にしてまたアンケート企画実施していきますのでまたご参加ください~

それでは、アンケート結果に移ります。

 

アンケート内容はこちら。


コブクロの楽曲を語りたい」


コブクロを好きになったきっかけの曲は何ですか?

②その曲に対する想いや、その当時の感想などがあれば教えてください。

http://yyy6996.hatenablog.com/entry/2017/09/30/154630

 

③1番好きな歌詞とその理由を教えてください。
http://yyy6996.hatenablog.com/entry/2017/09/30/154658

 

④ラブソングの中で1番好きなコブクロの曲は?(理由もあれば教えてください。)
http://yyy6996.hatenablog.com/entry/2017/09/30/154719

 

⑤ライブで1番聴きたいコブクロの曲は?(理由もあれば教えてください。)

⑥アコースティック形態で聴きたいコブクロの曲は?(理由もあれば教えてください)

http://yyy6996.hatenablog.com/entry/2017/09/30/154741

 

⑦春・夏・秋・冬それぞれの季節に聴きたくなる曲があれば教えてください。

http://yyy6996.hatenablog.com/entry/2017/09/30/154817


⑧20周年のライブで聴きたいコブクロの曲は?(理由もあれば教えてください

コブクロのおふたりに一言!

http://yyy6996.hatenablog.com/entry/2017/09/30/154456


----

設問多すぎるね、見返すと。…それなのに、皆様熱量たっぷりで答えてくださりました。感謝感激です、本当に。
ひとつひとつの設問のボリュームがすごいことになっているので記事を分けて書いています。

----


アンケート、集計完。(ふへーい!)

常日頃「コブクロの楽曲の好きなところを語り合いたい」と思っていても、住んでいるところが遠かったりなかなか会えなかったりするなぁ…とぼんやり思っていたので「アンケート」という形でいろんな方と、コブクロの楽曲について、「ここがすきだ」「こんなふうにおもう」といろいろなお話ができた気がしてとても楽しかったです♪♪♪

毎回思うのは、みなさんのあったかい想いがふたりに届いたらいいなぁ~~~ということ。これはしがないファンが細々と勝手にやっているアンケートだけれど、たまたまふたりにこの結果が届いたらいいなと思うし、お手紙や、会場で書くアンケートを通じて「私達にはこんなふうに届いているよ」とか「ここがすき」とかそういうのがちゃんと伝わったらいいなぁって思うのです。

そうそう最近、コブクロハガキ部、という部活(もどき)を作りました。活動内容は、今のところ「手紙を書くこと」だけなのですが、今後は色々企画もしていこうと思います。それを作ったのも、このアンケートをしようと思ったのもひとえに「好きだと思っていることは口に出して伝えなきゃ伝わらない」って思ったからなのです。(気持ちが重たい)ライブでは手拍子や、笑顔や、歓声で伝えて。そのほかのことは言葉にして伝えたいなって思ったんです。

小渕さんが「みんなのこと、聞かせてください」って言ってくれるから。聴いてほしいな、って勝手に思ってしまうし、好きなところ100個くらいつらつら言えちゃうから。惜しげもなく愛を伝えたいと。恥ずかしいことも思う。
こんなにもふたりの歌を人生の糧にしているひとがいる、っていうことが伝わったらいいなぁって思います。


アンケート、第三弾も企画するのでまた参加してくださいね~~~脱線しまくってしまった。(笑)

長々と失礼いたしました。おわり!

 

 

 

「コブクロの楽曲を語りたい」アンケート結果⑦春夏秋冬

⑦春・夏・秋・冬それぞれの季節に聴きたくなる曲があれば教えてください。

 

桜(6)
風(4)
新しい場所(2)
深呼吸
YELL~エール~
風の中を

紙飛行機 
Blue Bird
陽だまりの道

 

 夏

君という名の翼(5)
願いの詩(3)
summer rain(3)
潮騒ドライブ(3)

SPLASH(2)

ここから
君色
GAME
LOVER'S SURF
tOKimeki
太陽
宝島 
DOOR
memory
ダイヤモンド
六等星 

HUMMING LIFE
曲調がそう思わせるのか"夏をつれてきた6月の夕立ちが"というフレーズが印象的だからなのか、このうたは初夏のイメージです。 "夕方四時 一人重たいガラス戸開け ベランダに出れば" 電気をつけていない二人じゃ少し手狭な部屋、ガラス戸をガラガラとひく感触(わたしは引き戸だと思っている)、入り込む夏の匂い、まだ湿度の高いまとわりつくような空気、なんにも考えてないような明るい鼻唄、背中越しに見える"この街"(勝手に2階建てのアパートだと思っている)....本当に何気ない暮らしがかかれていて、とてもすきなうたです。

 

風の中を(2)
願いの詩(2)
未来への帰り道 (2)
twilight
ココロの羽
リンゴの花

陽だまりの道
風見鶏

Fragile mind
Million Films


 

雪の降らない街(4)
STAY (2)

流星(2)

東京の冬(4)
miss you
コイン
光の粒
あなたへと続く道

未来
海に降る雪

ベテルギウス

天使達の歌(3)
イントロのしゃんしゃんしゃんって鈴の音から冬ですよね。声の響き方も他のうたと違っていて、二人の話し声はしんしんと降り積もる雪に吸い込まれることなく、"朝になれば 窓辺の雪も 二人の魔法に解けてゆくから"とあるように小さな二人の部屋の暖かい空気を震わせている感じがします。 このうたは、最初から最後の一行まで全部すきなフレーズなのに 一行一行の繋がりはよくわからなくて脈絡無いように思われて(作詞したこぶちくんも、あとから読み返すと自分でも意味がわからないところがあるそうで)、でも、何度聴いても最後の"この恋あきらめそうな夜は 思い出そう この場所で巡り合えた奇跡を I love you 切ないね"までじわじわ盛り上がりぐわっと込み上げてくるものがあります。雪が羽になって羽ばたいてゆく、冬のうただなぁと思います。

 


色々考えてみましたがどの季節にどの曲を聴いても結局全部好きなのでいつでもなんでも聴きたいです。

 

 


---

この最後の意見ってファンの思いを総括した意見だなと思って笑ってしまったよ…確かに、いつでもなんでも聴きたい。真夏であろうと東京の冬は聴きたいし、真冬であろうとSPLASHは聴きたい。笑


でも、あえて今回は「皆さんは各々、それぞれの曲にどの季節を当てはめて聴いていらっしゃるのだろう…?」と思ってこの設問を作ってみました。

 

たとえば私はSTAYは夏の曲だなとずっと思っていたんですよ。リリースが夏だったこともあって、新緑の中寂しげに歌うふたりの姿がなんとなく頭によぎっていたので。でも、「冬」を連想して聴いていらっしゃる人もいる。これってめちゃくちゃ面白いなぁって思ったんですよ。

 

当たり前のことなんだけれど、それぞれに思い入れもあるし、当時聴いていた季節だったり、曲の中に馳せる想像だったりによって、変わってくるんだなぁって。「この歌は春の曲です」って名言されていない曲だからこそ、そうやってそれぞれが思いを馳せることができるんだなぁって面白さを感じました。

「このピアノの音は雨の音なのかな」「この音が聴こえたら夏のにおいがするなぁ」そんなふうに勝手に想像するのって、楽しいですよね。その「余韻」と「ひろがり」を置いておいてくださっているのかも、とちょっぴり思うのです。

こういうのも話してみないとわからないし、「なるほどなぁ」って思うことがたくさんあって面白いですねぇ。
余談でした。

「コブクロの楽曲を語りたい」アンケート結果⑤&⑥

⑤ライブで1番聴きたいコブクロの曲は?(理由もあれば教えてください。)

 

桜 (2)

fragile mind
たくさんの事を乗り越えた今のコブクロに歌ってほしい。

 

翼よあれが巴里の灯だ
◎単純に生で聞いたことがない曲の中で1番聞いてみたい曲!40代になった黒田さんが歌うとまた違った感じになるのかな?って、、

◎カッコ良すぎてライブで聴いてみたいです!

 

million films
ライブのアンケートでも1番困る質問w

 

memory
鉄板の盛り上がり曲だから!黒田さんにジャンプを煽られてジャンプするのがライブならではだと思うから

 

そしてまた恋をする

◎liveでは聴いた事がないから。

◎初めて聴いた日からず~~っと「今回のツアーでは歌いますように~~」「歌うかな!?セトリ入ってるかな!?」「入ってないわ!」という茶番を繰り広げているのでそろそろ聴きたい。(笑)あのかっちょいエレキのカッティングとふたりの声の混じり方が格好良いし、ぜっったい照明が映えて綺麗ですよねぇ~~~聴きたい~~~!!

 

月光
好きすぎて、何回でも聴きたいので。

 

風の中

Callingツアーでの楽しそうな小渕くんが忘れられないから。

 

光の粒
DVDを持っていないので。

 

YOU
ただただ好きだから! 毎回お目当の曲で絶対書く。 今までで2回聞いたけどファンフェス行けなかったしすっかりご無沙汰。


そばにおいで
全部ですよ(笑)(選びなさいよ) ん〜〜〜〜〜。『そばにおいで』。「僕のそばにおいで」と言われたい。←


風見鶏

毎朝、ボクの横にいて。
単純に今のコブクロがこれ歌うとこがみたい、ききたい、という欲望のみです。当時より大人になって色気を備え付けた黒田さんが蕩けるような優しい声で歌ってくれるに違いありません…。あと、小渕さんが曲紹介でこのタイトル言うのが聞きたい(私欲)

 

彼女 
これ言ったら、誰かバレる気がしてなりません。笑 全体を通して大好きだけど、Cメロ聴きたい。強く愛してのハモリで崩れ落ちたい(イメトレ済み)

 

どんな空でも
二人のハーモニーではじまるのを聴きたいから。あと、ライブならではのスピード感と高揚感があると思ってるから(5296DVDより)それを生で聴きたい!!!!!!

 

エピローグ
好きな曲の中で、まだ聞いたことがない、艶っぽく歌ってほしい

 

tOKi meki
振り付けが楽しいので!

 

Moon Light Party!!
盛り上がるし、コール&レスポンスが楽しいです!曲も好き…


ここにしか咲かない花
ほかにも聴きたい曲はいっぱいあるけれど、1曲は今回のツアーで叶ったので、この曲ですかね・・・

 

コンパス
ただただ生で聴きたい!大好きな曲です。

 

小渕君の犬のうた
またまたgrapefruitsから。アンケートの項目でいうところの"お目当ての曲" これ、いつも書けないのです....二人が今うたいたいと思ってうたううたが聴ける贅沢を前に 何も出てこない(思考の放棄)。でも、陽だまりの道ツアー広島公演のときにひょんなことから聴けた「小渕君の犬のうた」に自分でも驚くくらいうれしくなって....あの心から湧き出るうれしさをもう一度、ということで「小渕君の犬」を選びました。

 

 

⑥アコースティック形態で聴きたいコブクロの曲は?(理由もあれば教えてください) 

 

桜 (3)

One Song From Two Hearts

To calling of love

恋心

君という名の翼

hana

2人

Ring (2)

アルバムではがっつりバンド仕様で録音してたけど、ギター1本でやった時凄いなって思ったので。小渕くんのギターが素晴らしく黒田さんの声がセクシーなので。そしてできればスタンドマイクで。

 

WHITE DAYS
バラードなので、しっとり聴いてみたい。

 

 

YOU

いいですね〜(しつこい)2005年突然ライブはアコースティックバージョンだったかな??

 

どんな空でも
オーケストラバリバリの曲がアコースティックだとどうなるか、気になる。もう少し身近な、素朴な感じになるかなぁ。

 

Diary 
あまりこの曲のアコースティックなイメージが湧かないんです。が、だからこそ、聴いてみたい。5296のアルバムを出したころのインタビューで黒田さんが出だしの「大型デパート」の最初の”お”が難しいんだ、と言っていた覚えがあります。アコースティックだったらあの甘やかな声が引き立つのではないかな~と思います。

 

コイン
あの懐かしさあるメロディをアコースティックで聴きたい!あと、こういうラブソングのアコースティックってあんまり聴いたことないなあと感じるから。

 

Million Films
イントロがとにかく好きです。

 

Tearless
どんな形になっても素敵な予感しかしません!この曲の可能性を見てみたいです。

 


ストリングスが映える楽曲だからこそ、アコースティックにしたらまた別の楽曲に変化しそう・・!

 

エピローグ
目を瞑って聴きたいです。

 

バンドサウンドが好きなので特になし

 

 

---

欲望を垂れながそう、のコーナー。ここは小渕さんにアンケートそのまままるごと送りつけたい気分です。(迷惑)

私の個人的な野望、というかかなわぬ夢なのですかセットリスト会議に参加したいっていうのがありまして。絶対に無理なんですが、気持ちだけでも…と思ってこの設問を作りました。(笑)

アコースティック編成、大好きです。でも、バンド編成が好きな人もいて。好みってそれぞれなんだよなぁ、っていうことに改めて気づいた設問でもありました。個人的にはフリーライブで、がっつりギター1本ふたりの声のみ、のあのステージを見られたことはいつまでも忘れられない夢みたいな時間だったなぁと思います。あの日聴いたどんな空でもは今までで聴いた中で一番好きだったし、あの日聴いた風も、轍も。大好き。

 

個人的な感慨にふけるのはやめましょうね。次に進む。(笑)

 

 

「コブクロの楽曲を語りたい」アンケート結果④ラブソング

ラブソングの中で1番好きなコブクロの曲は?(理由もあれば教えてください。)

 

million films

NOTE

赤い糸

 

エピローグ

◎悲恋の歌ですが…。通り過ぎる見知らぬ影が私だと気付いても声はかけないでいて。また恋してしまうから。もう切ない!素敵!悲しい歌だけど凄い深い愛情を感じました。

◎失恋ソング大好き

◎切ない女心が表現されていて、キュンってなる。

 

Tearless
自分の思っていることそのままで、号泣してしまうので

 

恋心
テンポも歌詞も理由なく好き。

 

潮騒ドライブ
 歌詞の一節が自分の経験と重なり、昔を思い出してにやけてしまう。きっと顔も赤くなっていることでしょう。

 


休養発表した札幌で聞いたの忘れられない。


To calling of love

◎ラブソング。ラブソング。ラブソング。。『遠まわり』かな〜。あ〜〜でもな〜〜(笑)『コイン』も捨てがたい〜〜〜!でも『遠まわり』の彼女は、彼の気持ちに気づいてて、道を知らないふりして一緒に遠まわりしてるに一票!(聞いてない)

◎私自身がしんどい恋愛をしている時に出会った曲で今でも瞬殺で泣けます(笑) ハープを使うコブソンが好きで、特にTo calling of loveのハープは涙を誘います。涙をこらえるようなハープが切ないっす(笑) 初心にかえれる大切な一曲です。


YOU

◎君を想えば何も怖く無いってどんだけかけがえの無い存在なんだろうか!と。

◎男性目線で、彼女のことが大好きなんだな〜〜と感じる歌だから。きっと、もっと好きって言いたいし守りたいし支えたいし男として頑張りたいけど、それが上手く出来なくて、でも、大好きだよって伝えたくて、それが上手く言葉にならなくて"抱きしめてる"って歌詞に凝縮されてる感じがして好きだから。

◎「支えるから」なんて言えたらいいなぁ…‼︎⇦ここがとにかくかわいいです。笑

◎君を思えば何も何も怖くはないからで始まる明るく健気な歌詞と時々ハープが入るメロディーがとても綺麗で大好きです!

◎聞いていて幸せな気持ちになる。声、歌詞、曲のライン!


Saturday
切ない歌詞と、なんといっても美しいメロディーラインがたまりません。


overflow
声と歌詞とギターの音がとにかく優しく切ないので、大好きです。反射的に涙が出ます。

 

blue blue
◎優しくて甘酸っぱい青春。

◎「手繋いでてもどこがぎこちない 指がまだ交互にならない」をはじめとして、随所にあぁ~~~わかる~~わかるこの感じ…!という甘酸っぱさがいっぱいの可愛らしいラブソング。小渕さんの描くちょっぴり頼りない男の子(しかもちょっとドジ)とそれを引っ張っていく女の子笑 が大好きで。その代表曲なのでは!?と思っています。

「いろんなとき君を思い出すよ それはなんのつながりも無い日常のワンシーンで」っていうフレーズがとっても好き。こういう何気ない、ほんわかしたフレーズが愛おしくってくすぐったくて仕方なくて…。ライブで歌ってください~~~(懇願)

 

アンブレラ
 曲調やメロディが大好きでよく聴いていたうた。"振り返ったその時 時が止まった~"とかリズムが良くって、気に入って口ずさんでいました。 ところがあるときふと耳に入ってきた"君と同じ傘の子を見た"という言葉が気になって歌詞に耳を澄ませて最後まで聴いてみて、こんなうただったのか!と。衝撃をうけました。"覚えてますかこのベンチ"といううたいだし、"なんてね"と思いとどまり飲み込んだ言葉、代わりの「いつかまた会おう」という笑顔、偶然のイタズラ....まだ経験のしたことない出来事と感情のはずなのに、情景が映像で浮かんできて飲み込んだやさしさがせつなくてやるせなくて....うまく言えないけど、大好きなうたです。

 

HUMMING LIFE

たぶんラブソング、だと思う……!HUMMING LIFE!!! この曲はまずタイトルの絶妙な可愛さを推したい…ハミングライフ……響きが大好き…。小渕さんの描く、何気ないけどしあわせな、3月のちょっと暖かくなってきた晴れの日、みたいなイメージ(自分の中で)のする曲がすごく好き。

 

 

---

みんなYOU大好きか!

めっちゃ笑いました、YOU率の高さ。(笑)見たか、小渕さん。みんなYOU大好きだぞ…次のツアーで…次のツアーでお願いしますね…(懇願)

 

次回は黒田さんのラブソングと小渕さんのラブソングで分けて回答していただきたいですねぇ、楽しい。