藍色の夢をみた日

「 君の声だけがどんな雨もよけてくれたんだ 」

ひとりごと

善し悪し決める浮世の基軸は乱暴で

私には好きな人がたくさんいる。憧れている人がたくさんいる。自己肯定感と自尊心が地下レベル(友達談)なことが功を奏して(?)人のことをすぐ好きになる。しかし、その好きが持続することは実に難しいことで、好きのモチベーションが永遠に続くことなん…

なんとなく日々ペンを走らせた 君には内緒で。

NOTEってたくさん句読点が使われているんですね、今気づいたけれど。 わたしはほぼ日手帳3年生である。しかし、殆ど活用できずにずるずる3年目に突入しているのでほぼ1年生であると言っても過言ではない。 ほぼ日手帳のことがずっと気になっていて、いつかわ…

どうでもいいことだけを書き連ねる

結局陽だまりdisc2に関しても書かないまま、年を越し、次のツアーも初日を迎えてしまったね・・・ GWということで、わたしはここ数実家から一歩も出ていないですが、なんというか・・・この溜まった録画を見てニヤニヤする時間って最高に幸せなんだな!!!!!!…

書き方がわからないから困る

最近のメディアラッシュ!に毎回のごとくついていけなかったゆりえです。 KOBUKUROADの2枚目のスペシャルライブを見て、あぁやっぱりわたしの原点はギター1本とふたりの声なんだなぁって思ったのね。改めて。だから、アコースティックツアーにはどうしても行…

糸と糸

仕事上、なにかを「書く」ことはべらぼうに多いのだけれど、それでも休みの日に何かを書きたくなるということはやっぱりわたしは「書く」ことが好きなのだなぁと感じる日々です。 何かを感じた時に、言葉にしたい。 なにかを考えたときに、その迷いや葛藤を…

no title

もし、あなたが隣にいてくれたのならわたしにどんな魔法をかけてくれたの?

いちねんめ

まいにちお仕事のことを考えて憂鬱になって、まぁ仕方ないかと溢れそうな気持ちを押し殺してなんとか職場に向かっています。 こんなにも何もできないなんて、とか。 こんなにも悔しいなんて、とか。 つい先月までには想像できなかった世界が今広がっていて、…

果てしない空の下で 会おう

『さよならを肯定する』という言葉に何度救われたか。 素敵な言葉だと思います。 春は別れの季節。ちょっぴり切ないけれど 再会する喜びを噛み締めるためのさよならもあるはずだし。 さよならを肯定する、すこしの勇気を。 「それじゃぁ、またね」 スーパー…

君の言葉を 思い出すことさえできれば

さいきん巡り着いたブログで、「ライフログ」について紹介されていました。 ライフログ、とは読んで字のごとく。ライフをログ【生活を記録】すること なのだそうです。 奥野さんという方が書かれている人生は1冊のノートにまとめなさいという本も今気になっ…

ほかにはなんにもいらないよ

今ね!今ね!セトリ誰か書いていないかなぁ~~~って徘徊していたらさ!さ! 私が書きたいことを 代弁してくれているかのように書いてくれている人がいたの!!そうしたらやっぱりその人ジャニーズ好きな人でした。…同じ匂いがしたのはそのせいか。(笑) 昨…