読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藍色の夢をみた日

「 君の声だけがどんな雨もよけてくれたんだ 」

さよならのメロディーを鳴らすのは私のギターと、

335とはお別れ。今まででいちばん気に入っていたコピーとおなまえでした。

きょうからは『さよならのメロディー』(仮)で のろりんくらりんと暮らしていきます。まだまだしっくりこないので、(仮)です。さよならのメロディーってなんだかしんみりしちゃうし…良いのが思いついたら変えよう、っと。

スタンスは相変わらず『本当はチラシの裏に書けばいいことをひたすらに書き連ねる。書きたいだけ。書きたいときに』です。

どうぞ、よろしく。