読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藍色の夢をみた日

「 君の声だけがどんな雨もよけてくれたんだ 」

「ふたりの関係こそが、クリエイティブ」

前頁に書かせていただきましたアンケート、思った以上の反響で驚いておりますが私が思っている以上に皆さんいろいろな想いを持っておられ、そしてそれを綴ってくださることが嬉しくて嬉しくて・・・ありがとうございます。まだまだ回答は受け付けております。一言でも構いませんし、お答え頂ける項目だけでも構いませんのでお時間あるときに参加していただけると嬉しいです。

yyy6996.hatenablog.com

 こうやっていろんな人の意見を聞いたり触れたりすると、ふたりが「アンケートにご協力ください!!!」ってライブの時に言うのわかるなぁって思うなぁ。一種のマーケティング調査。あぁわたしもライブの打ち上げに参加してアンケートを一緒に読んでみたい・・・(大きすぎる野望)

あなたが見えた景色を、あなたが感じたことを一言でいいから教えて。っていいなぁ。それを共有しようとしてくれているところも、感じようとしてくれていることも、耳を傾けてくれることもいいなぁ、って。いつまでも彼らの「ストリート魂」を感じるたびに「変わり続けるために 変わらずにいるよ」を感じるね。素敵だね。

 

夏休みに入って、ブログの更新率が上がりすぎていて自分でもびっくり。(笑)でも、今日思ったことって明日になったらほとんど忘れているからそれをちゃんと書き留めたいなぁって思う。忙しさにかまけてできてないけれど、3年後くらいに読み返してあの日こんなこと感じてたんだなぁってしみじみよみかえしてニヤニヤしたいもんなぁ。時間はつくるものです。

 

そうそう、アンケートを集計するにあたっていろんなアンケートを読みあさっていたのだけれど、それと同じくらい昔の雑誌も読み返していました。発売した当時から何度も読み返しているのだけれど、やっぱり大好きなこの子。もう7年前になるのね。

 

www.amazon.co.jp

ふたりが大好きなミスチルの桜井さんとの対談があったり(桜井さんが小渕くんってきっとエロいんだろうなぁって言う例のアレです。音楽的な深い話もかなりしていて読みごたえあって何回も読んでたなぁ)(今読み返すと、and I love youの話してる黒田さん!!!)オーディオやお洋服について語っていたり、ふたりが自分たちのルーツを紐解いて、結成前の話もふたりの言葉で語られていて一冊丸ごとコブクロっていう雑誌が発売されていることが、もう嬉しくって仕方なかったことを覚えています。

 5296の全曲解説もあったりして、「答え」が知りたかった私は「この曲の解釈ってそっちやったの~~ウオオオオ」とひどく興奮したんです。そんなことはどうでもいい。そんなみなさんご存知のカドカワですが、最近何度も読んでいるのは、スタッフさんの言葉たち。

 いつも周りにいてくださる方々からみたふたりの姿、思い出話、人柄。デビュー前のレコーディングの話。そこから共通して出てくる「音楽に向き合う真摯な姿」って言葉がふたりそのものなんだなぁ、と思うと嬉しくて。あと、みなさんそれぞれのふたりの展望とかこれからこうなってほしい!っていう想いを語られているんだけれど、もう~愛があふれていて・・・あぁ、コブクロはいろんな人に愛されて支えられて大きくなってきたんだなぁ、と当たり前なのだけれど思いました。

 

そして藤田監督の「今後やってみたいことはオールリクエストでストリートを再現したステージ」と言う言葉。ぜひお願いします!!!!!!(笑)見てみたすぎる・・・・

昔の突然ライブとかファンフェスのお互いがお互いにリクエストしあうのもいいなぁ。なんて妄想は膨らむ一方。こうやって未来の話ができるの嬉しいね。

そのたびに二人が歌うことをまた選んでくれてよかった、って改めて思う。

 

全文もう一回読み直したいからちゃんと読み直そう。持っていない方は是非・・・ミスチルの対談だけでも読む価値あると私は思います・・・あとは黒田さんの「車輪」の話と小渕さんが最近お話される「車輪」の話ががち、っとはまって今読み返すとまたグッとくるのでオススメです。(amazonで中古ならお安く手に入るようです。)

どーでもいい戯言でした。おしまい。(ほぼ日について書くつもりだったのに・・・)