藍色の夢をみた日

「 君の声だけがどんな雨もよけてくれたんだ 」

SHANK "The Heavy Clash" @なんばhatch 2018/01/13


SHANKのライブに行ってきた、2か月前の話。笑
ようやく行けたワンマンライブ。思っていた以上にMCは短いし、思っていた以上に曲数は演奏するし、何より思っていた以上に格好良くて最初から最後まで高揚感でいっぱいでした。

SHANKの音楽を形容する時に”疾走感”という言葉はやっぱりぴったりなのだけれど、それだけじゃない。感情が溢れだしそうな、切ないミディアムナンバーだってあるし、照れくさそうに歌うラブソングだってある。メロディックパンクなんだけれど、それだけじゃない。BPMが速いから、ただ踊れるから、やっぱりそういうわけじゃない。SHANKにしか出せない音が好きだ。…まぁ、いろんなことをがたがた言ってみたのだけれど、結局は庵原さんの声が好きで、3人が、3人だけが鳴らしているのに太くて厚いゴリゴリの音が好きで、ライブに足を運んでよかったなぁとライブ中何度も思った。

前で見ていた女の子が、Keep on Walkingのイントロの1音目が鳴った瞬間、歓喜の声をあげてモッシュピットに突っ込んでいったのがめちゃくちゃ素敵で。そんな光景を目の当たりにして、やっぱりライブハウスっていいなぁって思いました。わかるよ、私も大好きKeep on Walking。

「すき」を隠さない、「すき」を思いのままに。「すき」だから声が出る、手があがる、体が揺れる、ステップを踏んで、口ずさむ。拳を突き上げて、あぁ、そうだったなぁ。ライブハウスってそういう場所だった。おもいのままに、そのままに。音楽に酔いしれる場所だったなぁ、ってひたすらに「いい音」が2時間30分ジェットコースターみたいに、波みたいにすごい速さでずっと鳴り続けていた感じ。

 

「みんなが言ってほしいことも、良いことも何にも言ってあげられんくてごめんな。いつもありがとう、またライブハウスで会いましょう」

「こんなに集まってくれるなんて思わんかった、ありがとう」「ほんっっっとにありがと、ラブソングを、1曲」「今日はでっかい新年会。たのしんでって」

みじかくて、なんだか照れくさそうで、でも愛をいっぱい感じるちょっぴり無愛想なでも愛おしくて仕方ない3人のことばと音を受け取って。またライブハウスで会いたいなぁって思いました。格好いいな、パンクバンドだなぁ。ありがと、SHANK。良い夜でした。Honestyを聴くとやっぱり泣いちゃう。SHANKの音楽って、聴けば聴くほど泣けてきちゃう、素敵なメロディがいっぱいある気がするんだよなぁ。美しい正三角形、うん、3ピースバンドは格好いい。