藍色の夢をみた日

「 君の声だけがどんな雨もよけてくれたんだ 」

果てしない空の下で 会おう

『さよならを肯定する』という言葉に何度救われたか。

素敵な言葉だと思います。

春は別れの季節。ちょっぴり切ないけれど

再会する喜びを噛み締めるためのさよならもあるはずだし。

さよならを肯定する、すこしの勇気を。

「それじゃぁ、またね」

スーパースターにはなれなかったけれど。スーパーヒーローになりたいです。