藍色の夢をみた日

「 君の声だけがどんな雨もよけてくれたんだ 」

陽だまりの道

DVDも出るということで・・・いまさら、セトリ順に陽だまりの道を振り返る。(笑)

まずセンターステージにえ、こんなかんじ!?ジャニーズかよ!最高かよコブクロ!これでメインとバックあったら完全にジャニーズ!もはやトロッコ通ったらいいじゃん!とか余裕ぶっこいてにやついていたわたしの頭をがつんとぶん殴ってきたサイ(レ)ン。アコギのじゃんじゃかストロークから始まるのがもう痺れる~~~~ってなった矢先にこぶちくんの天使ボイス。

ベテルギウス大好きな私にとってはたまらない世界観でした・・・あの宇宙感が好きだ・・・。

シングルで出たときに散々この曲については語っているので割愛するけれど、未だに「君に会いに行こう~」って流れ出した瞬間頭の中ではふたりがくるくる回り出すのは私だけではないはず・・・。遠くの方に指差して「君に会いにいこう」ってホント確信犯だよねくろださん、ずるいわ。

で、定番!君という名の翼。何回聞いてもピアノのイントロはテンション上がるね。こう、どうしてコブクロの曲はこんなにも爽やかなメロディなんだろうねぇ。さすがくろだくんが「メロディーメーカー」と太鼓判を押すこぶちくん!!!!

きみつばはサビを全部こぶちくんがはもってくるところがいいよね。「はぐれないようにと抱きしめた」でいつもキュンとする・・・。疾走感がたまらない。くぅ~こぶちくんやるねぇ。とか思ってたらまさかのストリートのテーマ!!!!!!!序盤で盛り上がり曲をがつん、と持ってくるのいいね!

ストリートは今回のセトリで1・2を争う嬉しかった曲だったんだよね。

毎回のごとく歌ってくれるから気づかなかったけれど、なんていうかものすごくものすごく力強くてものすごくものすごく社会に対して牙むいてるのにあったかくてさ、あぁ発狂しそうなのじぶんだけじゃないんだな、みたいななんていうか「みんないっしょだよだいじょうぶ」ってむかしのこぶちくんが言ってくれているような気がして嬉しかったんだよなぁ。

会社はいつも憂鬱 溜まっていくストレスを 癒す場所などないさ でもここがそうなんです

でウワァァァン!!( ;  ; )って毎回なってた。それほどじぶんが苦しかったことよくわかってなかったんだけれどね、びっくりするくらいここで泣いてた。「でもここがそうなんです」でほんっとに救われた気持ちだったんだよ。あぁ、そっかふたりはいつでもこうやって待ってくれてるんだ、って。

そのストレスをぶっ飛ばしてくれるだけじゃなくて 

心が踊りだすような 君のその企みが いつか叶いますように 歌っています って言ってくれるのもまたふたりの優しさなんだよなぁ~~~ってここでまたウワァァァァン!!( ;  ; )って泣くの。なんでわたしの心の声知ってくれてるの~~~って。

こぶちくんが、いっぱい悔しい思いとか辛い思いとかほんと大人ってこんなもんかよって夢と現実の狭間で揺れてたのかも、とかそんなひとがいっぱいいることを知っているからこそこういう歌を書いてくれたのかなって思うとほんと救われるの。嬉しかったなぁ。毎週、「今日は辛かったけれど、ふたりにあえる。ふたりが待ってくれる。歌ってくれてる。頑張ろう」って毎回思っていたから、なんとか今までやってこれたって言っても大げさじゃない。

そしてまさかの六等星( ;  ; )ずるすぎる・・・ずるすぎる・・・まさか歌ってくれるなんて思っていなかったんだよ~~~

みんなもそうだよね!?わたししょうじき六等星はもうツアーで歌う日来ないだろうなぁって思ってたんだよ~~~

そういうところ突いてくるふたりがやっぱり好きだよ~~~~~ってなりました。

今だ ブレーキ アクセルに踏み変えて って歌詞がすごく好きでね、じぶんにぴったり当てはまったの。

後悔のマントでどんな 未来へ飛び立つの?だよ!天才かよ、こぶちくん!!!!!!!!!!最後の方のふたりのかけあいも好きだなぁ。くろださんの声はこういうドカーンって爆発するような歌にとっても似合う。伸びやかでふつふつ沸騰してた。

そしたら、ここで君への主題歌。君への主題歌は、こんなにも優しい曲を歌ってくれる二人に出会えてよかったなぁってスタジアムではじめて聴いた時思ったのをよく覚えてる。だって、サビが「遠く離れててもいつでも君が見えるよ」なんだもん。

大サビで「空の向こう側で歌う 君への主題歌 遠く離れてても 君だけに聞こえるように」

って、もうやられた~~~~~ってなるよね。コブクロの歌がわたしの人生を確かに彩ってくれているけれど、君だけに聞こえるように、って嬉しいなぁって思うしこぶちくんがよく言ってる「遠く離れていても歌で抱きしめあえる」っていう想いがぎゅぎゅって詰まっている感じで・・・いつだってふたりの声がわたしを支えてくれるんだなぁって思いました。歌詞もドラマチックだし、鼓動がページをめくるとかほんとこぶちくん天才かよって毎回思う。

個人的に「短くて聞きなれたやつさ」の歌い方が好きです。(笑)

 

流星はねぇ、今回はもういいかなぁ~って正直思ったんだけれど、台湾を見据えてのこのセトリだったのかなぁと思うと入っててよかったなぁと思った!(みじかい)

そうしたら三線の音が聞こえてきて、いや・・・まさかな・・・いや・・・って思ってたら大樹・・・。お口あんぐりでした。いや、全員が思っていたよね。これ歌うのって。もう二度と歌わないと思っていたよ、大樹の影・・・。何年かぶりの大樹の影はくろださんの力強さが増していた気がする。でも歌い方はアレンジしてほしくなかったかなぁ。(基本的にメロディはそのまま歌って欲しい派なので余計かな?)この曲のメロディの進行が好きだから、そのままの音程で歌って欲しかったんですよ。

くろだくんの歌って、ブルースもあればエモい巴里みたいなのとかせっつないoverflowとかものっすごいバラードとかものっすごい力強いのとかいろんなジャンルがあって面白いなぁっていつも思います。(余談)

自分の弱さ確かめて また誰かに優しくなれるのさ っていう歌詞がすごくくろだくんらしいよね。ここが一番好き。

月光のときも思ったんだけれど「振り返ることでしか 進み出せないこともある」って歌える人って強いなぁって。

振り返るな、って言われることのほうが多くて前を向けって言われることのほうが多くて、あぁまた振り返ってる、弱いなぁってどうしようもないときにいつだってくろだくんのこういう言葉に救われる。

毎回こぶちくんの三線の出だしの曲?っていうのかな、それが違っていて毎回楽しみでした。

とか言ってたら問題のBEST FRIENDね。これは広島ではじめて聴いたときになぁぁんじゃこりゃぁぁって衝撃でした。

これも以前語ったので割愛しますが・・・とにかく「気持ち悪いって」言われるこぶちくんを想像してライブ中ふきだしたもんね。ライブ中ふきだしたのははじめてです・・・。ベストフレンドは毎回くろだくんがサビでハモリをさぼっていたイメージが強くて、こぶちくんは毎回女の子みたいに可愛かったイメージ。こぶちくん可愛かったなぁ・・・。

あと、どこかの公演でBメロで咳き込みすぎて歌えなかったくろだくんにこぶちくんが「歌えやぁ!!!」って半ギレで言ってたのおもしろ可愛かったなぁ。あのひと何言っても可愛いから困るね。

長すぎるね・・・とりあえず第一弾ここでおしまい。(笑)