藍色の夢をみた日

「 君の声だけがどんな雨もよけてくれたんだ 」

笑っちゃうほど つまんねぇよ

SAKANAMONのライブを観に行きました。@美園ユニバース

 

渋谷すばるくん主演の映画で舞台になった美園ユニバース。ずっと気になっていたのだ・・・そんな場所でフェスを開いてくれた東京カランコロンのセンスとスタッフの方々に本当に大きな拍手を!という気持ちです。めっっっっっちゃ雰囲気良い。めっっっっちゃ昭和の匂いぷんぷんする。ムード全開。凄まじいユニバース感。願わくばもう一度あの場所でSAKANAMONとカランコロンの2マンが観たい。それくらい大好きな場所になりました、一瞬で。

 

SAKANAMONのライブを初めて見たのは2013年1月。東京カランコロンとの2マン。神戸のVARITで行われたライブ(だったと記憶しているけれど事実かどうかは不明)2012年の夏、いちろーさんに「神戸でライブやって!!!!」って懇願したらあっさり年明けにはそれが叶ってしまったという奇跡のライブ。「さかなもん、かー。聞いたことあるけど曲しらんなー」と思いながらミュージックプランクトンだけ聴いてライブハウスに向かったことだけは覚えている。後ろの方で見たズッコケ3人組は、熱くてキラキラしていて、歌詞はというとちょっと小難しい単語の羅列で、世界観は爽やかとは言い難いひねくれ方でなんというかそのギャップにクラクラした。難しいことはよくわからなかったけれど、音の遊び方やメロディがあがったりさがったりするところもめちゃくちゃツボだった。とにかく聴くと心地よくて、離れられなくなったんだろうね。

そのあと、13年は4回、14年には1回ライブを見て、今回のライブで6回目。(もっとライブを見に行っていたつもりでいたけれどそうでもなかった)

 

多分音出しでミュージックプランクトンと脳内マネジメント事情をやってくれたんだ・・・。さかなもん、いちねんぶりの私にとっては・・・はぁぁぁ知ってるよ!!!これめっちゃすきなやつだよ!!!!!って気持ちがふつふつ再熱するラインナップだったのです。脳内~は2番のAシャープとC7~のくだりがめっちゃ好きなので次は本編で聞きたい。そして「君の主義と思想の横により添えますように」って歌詞がめっちゃ好き。4分もの時間、なんて。4分以上聴いていたい。

 

youtu.be

 

音出しの時点で明らかに森野さん側にいる数名しか盛り上がっていないのを見て森野さんが「リハだけど本番同様盛り上がっていただいて大丈夫です」みたいなことを言っていたのが可愛かったよ(笑)元生くんのまえがみセンターわけみたいになってたのちょっと面白かった。

で、登場。みんなお洋服着替えてでてきてた。森野さん側にいたんだけれど、Tシャツのうえにキラッと光るネックレスが素敵だったなぁ~~~。歌っているうちにネックレスがどんどん隠れていくんだけれどそれもまたいとをかし。(笑)

 

マジックアワー始まりやったかな?「愛してるよ~カランコロン~」って歌ってくれてめっちゃ嬉しかった!!!!字余りにも程があったけど、この愛が嬉しい!

このあと幼気な少女やったんかな??(順番自信ない)一番聴きたかったからイントロ鳴った瞬間アガったなぁ~~~~。しょっぱなのキムさんのドラミングめっっっっっちゃ格好良かった!!!!イントロからテンションぶち上がるしかないね、これは・・・。ひとりでぶちあがって踊り狂っていた(危ない人)だって森野さんがベース持ったまま「オラァァァ」ってめっちゃ煽っていたのだもの、・・・踊るしかないでしょう(美園ユニバースは柵がないので、3列目でもめっちゃ近い。顔がそこにあった)みんなでやいやいやい!って言ったの楽しかった~!!!!差し伸べてくれたのは~のところの音程がものすごくツボ。(マニアック)

 

で、自己紹介かな?いつも通りの自己紹介だったはず。一緒に行っていた友達が

元生くんが紹介されている時にハッと気づいたように「センター分けじゃなくなったらめっちゃ格好良い!!!」って言ってたの面白かったし「たしかに能年玲奈に似てる・・」って感心してたのが面白かったよ。お肉大好きサカナモンは伝わってなかったから、いちいち私が友達に通訳するというシュールなMC(笑)

カランコロンのフェスに皆勤賞なのは自分たちだけだ、という森野さん。カランコロンのことは家族だと思ってるって!嬉しいね~~~対バンツアーの時とかみんなで移動とかしてたもんねぇ、懐かしいよ。「カランコロンに愛をこめて、ここでカバーを」
「1回、ワンツーワンツー言うのやってみたかったんすよ」

まーじで??????ワンツーワンツー言っちゃう????まじ??????ヽ(;▽;)ノ森野さんのワンツーワンツー言うのやってみたかったんすよ、の言い方めちゃ格好良かったんだから(もれなく死にそう)そして最初のギュイ~ンって鳴る電子音。きたぁぁあぁtrue!true!true!(号泣)最近本人たちもtrueやらないときあるからね。嬉しいよ、ありがとう。誰がtrueにしようって言いだしたのかわかんないけど、ほんとセンス良いなっておもったし粋だな、と思った!

空想イマイマシーのところにも対バンの有名曲入れて元生くんが歌うところあるじゃないですか、それもおお~粋だなぁ~っていつも思うんだけれど、やっぱりこの人たちセンス良い~~って何回も思った。とりあえず曲の選び方がいいよね!!!!

trueはいちろーさんが「フォオーー」って叫ぶところまで完全コピーだったし、ときたま裏声使ったりして声色変えながら完全コピーしていたよ~楽しかった~~。歌い終わったあと「多分後でもっと格好いいやつ聞けるから楽しみにしてて」って言い捨てて次の曲の準備する森野さんの笑顔にやられた、ずるすぎ。

 

たぶんここで私の知らないアルバムの曲を2曲くらいやって(たぶんぱらぱらりが入ってるアルバムのやつだ)ぱらぱらり、も歌ってくれた!「修学旅行!」とか合いの手歌えなかったの悔しいから次回こそリベンジ。サビのメロディーラインが逸脱。めちゃ好き。

 

でつまんねぇよ!つまんねぇよ!のやつ!!!!これ、めっちゃ格好良かったなぁ。歌詞がまずめっちゃひねくれてる。(笑)社会不適合者、っていわんばかりの。「わかってるよわかってるよ もっと当たり前のことしなくちゃ」から始まるの。痺れた。

最近、自分がおかしいんじゃないかって思うくらいみんなと正反対で。いつも変わってるって言われ続けてきて、普通って何かなぁ、とか普遍性って言葉があんまり好きじゃなかったから使いたくなくてモヤモヤしていた気持ちを元生くんが代わりに歌にしてくれた。そしてライブ中清々しいほどに大きな声で、叫んでくれたし、叫ばせてくれた。あぁ、だからサカナモンが好きなんだなぁってこの曲を聴いて確信した。

 

自分が合わせなきゃいけないことにだって本当は気づいてる。だって大人だもん。でもそんな妥協しあう世界はつまんねえよ、って肯定してくれる味方がいてくれて嬉しかったし心強かったし、サカナモンは偏屈なヒーローだなって思った。(笑)

「嫌いな上司、嫌いな先輩、嫌いな後輩」(なぜか嫌いな奴のことを思い出せと煽る元生くん(笑))「そして、自分自身。つまんねぇよ!!!!って思いっきり鬼の形相で叫んでください!!!!」って笑ったわ、最高。勿論鬼の形相で叫びました。つまんねぇよ!!!って。自分自身、をその枠に入れてくるあたりがやっぱり元生くんなんだよねぇ、困ったもんだ。そういうところが好きなんだ。

 

いつの日か森野さんが言ってくれた「へっぽこヒーローですがどうぞこれからもよろしく」って言葉。ほんとに言い当て妙だよな。格好いいヒーローじゃないかもしれないけれど、3人でステージの上で大きな声で「つまんねぇよ!!!!」って叫んでるいつもどこか格好悪くて格好いいサカナモンが好きだなと思いました。空いていた期間を埋めるように、曲を聴くと歌詞が刺さるね。面白い。たぶん、今だったから、響いたんだよなぁと改めて思った。やっぱり3ピースバンドはいいなぁ、いちばんちいさい集合体なはずなのに、だからこその危機感というか誰かひとりが頑張っていても成り立たないというあの関係が好きです。

あと、ライブハウスで照明が当たる中で汗びちょびちょになりながら楽器弾いたり叩いたり歌ったりしている横顔を見て好きにならない人がいるならほんとわたしに連絡ほしい。あの横顔と立ち姿だけでご飯何杯も食べられる気がする。暑苦しいくらいがちょうどいいのよ。あーーーーバンドっていいなぁ

 

以上、自己満記録でした~~おしまい。