読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藍色の夢をみた日

「 君の声だけがどんな雨もよけてくれたんだ 」

「みんな頑張ろうぜ!一緒に頑張ろう!」 @Mr.children 未完

Mr.children stadium tour2015「未完」行ってきました。ネタバレあります

f:id:ycy3669:20150726184807j:plain

7月25日、快晴。長居ヤンマースタジアムミスターチルドレンのライブを観てきました。もう・・・セトリを見るだけで動悸が未だに激しくなります。

それくらい私にとって「青春そのもの」のライブだった。

 

未完から始まるのは予想の範囲内だったんだけれど、前日に呟いていた「未完がノックし続ける、っていう歌詞を繰り返して終わるのが、終わりなき旅の”次の扉をノックしたい”に、繋がる気がして4人は終わりなき音楽の旅を続けていくのだろうな、と思った」っていう言葉をふと思い出した。え、終わりなき旅歌うなんて聞いてないよ?(もれなく泣いた)

 

擬態も、ニシエヒガシエも、光の射すほうへもずーっと高校時代聞いていたからイントロがなった瞬間から「うおおおおおおお」って叫ぶユリエ氏。光の射すほうへ!って歌うの夢だったの。嬉しかったなぁ。マイクだけ握りしめて、全身全霊歌う桜井さんはものすごいロッカーだった。

 

ひとつひとつの歌を大好きな人にプレゼントを選ぶように選んできた、って話して下さりました。

みんなはどんな顔するかな。この曲歌ったらきっと喜んでくれるだろうなぁ、なんて考えながら昔の懐かしい曲も選んできたし、リハーサルを繰り返して今日の日を迎えてきた。その気持ちが嬉しかったし、本当に懐かしい歌も歌ってくれたんだよ。夏の野外にぴったりの曲ばっかりだった。

「大声で笑いたくなった時には大声で笑ったらいいし、もし泣きたくなったら泣いたらいいよ。ほら、さっき転んだ奴がいただろう?そんなときは大声で笑ったらいいんだ・・・」(桜井さん盛り上がりすぎて何度も転ぶ、はにかんだ笑顔で話すの。)

「みんな、戦っている。そんな戦っているみんなに!この曲を!ふぁいとくらぶ!」 ( ;  ; )( ;  ; )( ;  ; )( ;  ; )

みんなが戦っているの知ってる。でも一緒に頑張ろうって言ってくれるのが嬉しくって、4にんが後ろについていてくれることが何より心強かった。

20年ぶりに演奏するっていうアマチュア時代の歌もミスターチルドレンそのもの、って感じで青春って感じで良かったなぁ。
「知らなくったっていんだ!だーれもしらない!だけど、ほら、歌える!歌って」ってグッときた。
知らなくたって、いいんだ。鳴っている音に、目の前にある音楽にただ溺れて、ただただ心が動いた瞬間を忘れずにずっと持っていたらいいんだ、って。
嬉しそうに走り回りながら歌う桜井さんに、後ろでにこにこしながら目を合わせて楽器を奏でるなかけーさんと田原さんとJENに「あぁこんな大人になりたい!!!!!」って強く思いました。なんて格好良いんだろう…!!!!!!

段々夜に近づいていくと空が夕焼け色に染まって、そんな中歌ってくれたタガタメ。「この星を見ている人は君と僕と何人いるかな」の星を「空に」変えて歌ってくれる演出・・・。空って歌った瞬間に無音になってみんなで空を眺めて、蝉の鳴き声を聴いた。

あぁ、世界には音楽が溢れているんだ。なんて感じるほど

 and I love you 。月が綺麗で「どうしようもなく急にひとりになりたいときがあり 屋上で月を眺めていた」にきゅん、とした。歌詞も時間帯にぴったり~~!

andIloveyou めちゃくちゃひさしぶりまさか歌うと思わなかった~。「様々な愛の形がたくさん詰まった曲です」って。本当にその通りだ。

「君に想いが強く向くほど 臆病になるのが分かって」うわぁぁぁ天才。天才だよ・・・ってひとりで叫んでた。(笑)

星が降ってきそうな夕焼け空に、爽やかな風が吹き抜けて。そこに響く音がふんわり流れてきて。空に溶けていきそうで、余計な色も何にもいらなかった。それだけでよかったの。野外っていいなぁ。またコブクロも野外でしよう!(笑)

蜘蛛の糸も良かったなぁ。CDで聴くだけじゃなくて、ライブに行くとこんな演出で魅せてくれるんだなぁ・・・って楽しみが増えるから良いね。蜘蛛の糸のことを「大人っぽい曲」って桜井さんがむかし言っていたけれど、本当に。歌い出しがさ「君へと向かうか細い糸を選んだ それは蜘蛛の巣 あるいは罠に誘う澄んだ糸 体中に纏い死んだとしても本望」だけでヒイイイイってなるのに「夜露の滴に濡れて煌めく その美しき糸を指で触れるよ」

って・・・(絶句)少し切ないメロディライン、ギターの切ないリフの中にこの美しいことばたち・・・絶妙。夜露の雫に濡れてきらめく糸・・・な、なんて美しいの・・・って。また夕焼け空の切なさに相まってめっちゃよかったー!

 

REMでウオオオオってなったらまさかのフェイク。色気全開、ロックバンド全開・・・。「すべてはフェイク」で終わるのかっこよすぎるわ・・・

進化論も良かった。愛がいっぱい詰まった曲だね。「強く望むことが世代を超えていつしか形になるなら この命も無駄じゃない
空を飛び 海を渡り 僕らの夢はまだ膨らむ
誰も傷つけない 優しい夢を 素敵な夢を 君に引き継げるから」

今回の「未完」ツアーがファンタジーのなかの夢の続き、って感じの雰囲気で「夢」っていうフレーズがいろんな歌に散りばめられていて捉え方次第なんだろうけれどその「夢」が儚いけれど、優しくて温かくて進化論のこの部分がテーマの主軸なのかなぁなんてひとりで考えたりして。

 

終わりなき旅( ;  ; )まさかの・・・。

受験生のころ毎日聞いていた。「高ければ高い壁の方が登ったとき気持ちいいもんな」うわぁぁぁぁぁんさくらいさぁぁぁぁん( ;  ; )今の自分にもグッとくる。世代も時代も超える名曲、すごいなぁ。いつになっても色あせない。

そんなこんなしていたら幻聴。だいすきな幻聴( ;  ; )地平線のある景色、で地平線のところ手でなぞるんだけれど、もう本当にその景色にこのキラキラしたメロディがぴったりで、涙がボロボロ出てくるの。ひとなつっこくて優しくてあたたかな微笑み 2番は口下手で人見知りでちょっと寂しがり屋のため息。はぁ・・・天才かよぉ。(泣)本当にいろっっっっっんなこと感じながら生きてるんだろうなぁ。幻聴の全部が好き。

足音もよかったなぁ・・・。今のミスターチルドレンと昔のミスターチルドレン。どっちも素敵でどっちも好きだ。進化していくところがものすごくかっこいい。

でね、すごいの。本編でこんなにすごかったのに、アンコールがすごいの。

スマホのライトで星空を作る演出にもくう~~って一本取られた!気持ちになったんだけれど(新潟の音楽と髭たちで、コブクロの最後の曲でそこにいるひとたちのアイディアでおんなじ状況になってたけれどよく見えなかったから)こんなに綺麗なのか・・・と圧倒された。「だいじなひとたちの灯したあかりだけでうたう」ってずるいよね~~~


しかも!なんてたって蘇生だよ!?!?わたしのいちばん好きな曲。蘇生だよ!!!何回助けてもらったか。何回この曲に励ましてもらったか。
蘇生の「何度でも僕は生まれ変わっていける」に勇気づけられたの。大好きなのーーーー>< 一言一句逃さずに全部聞いた。あの頃の私に言ってやりたい。桜井さんは、また蘇生を歌ってくれるよ、と。大好きな歌をにっこにこの笑顔で歌ってくれるよ、って。

でも、一番グッときたのは

叶いもしない夢を見るのはもうやめにすることにしたんだから
今度はこの冴えない現実を 夢みたいに塗り替えればいいさってところ。
もう~~~~~~。ずるいよ~~~~。そんな風に考えたことなくて、自分の胸のもやもやがすっきりしたもん。そうか、塗り替えてやればいいんだって。新しく作るだけじゃないんだなぁって、ここからまたはじめられるんだ、って。「きっとできるんだ変えていくんだ」(泣)このど直球どストレートな歌を歌ってくれる4人が好きだ大好きだ!!
まだやりかけの未来があるって叫んでくれる、その言葉にまた背中を押してもらって涙ボロボロ流してぴょんぴょん飛んでたら、またfantasyって泣かしてくるし、そんなこんなしてたらTomorrow~でしょう????ずるいってば(泣)


しかもイノセントワールドも!?!?わたしの青春そのもの(泣)イノセントワールド「任せたよっ」って任せられるの夢だったの。嬉しすぎたー!!!!周りの人達みんなイントロ鳴った瞬間うおおおおおって叫んで、飛び回ってた。あのどよめきとイントロの拍手喝采、1番が終わったあとの鳴り止まない拍手、全部凄かった。一体感が、たまらなく心地よかった~~~~~。各々が思い出に想いを馳せて、曲が終わるまでその思い出に浸ってた。嬉しそうに手を挙げてある人は胸に手を当てて。なんだかその楽しみ方がとても素敵だったし、音楽っていいなぁって。どこの時代にだってタイムスリップできる。どんな世代の人とでも共有できる。すごいなぁ、ミスターチルドレンっていうバンドの大きさを感じました。

 

ファンクラブツアーの映画を見に行ったとき「まだまだ未完成のバンドだ」って桜井さんが言っていたのを思い出して、この形がまだまだ未完成だと笑うおじさんたちの格好良さに圧倒された。まだまだ、と貪欲に突き進む姿があまりにも神々しくてモンスターバンドっていうのにも納得できた。ひとつひとつの歌を丁寧に、でも衝動的に、爆発的に、でも時に優しく包み込むように、あぁこれが音楽に愛されて音楽を愛して生きてきた人たちの歌なんだなぁと思うとこの人たちの音楽に出会えたことを本当に幸せに感じました。

 

何度も何度も「一緒にもう少しだけゆめをみにいきましょう。」「音楽という夢の世界に、一緒に。旅は道連れ」って言ってくれるの嬉しかった。

よにんがものすごく嬉しそうにくしゃくしゃの笑顔で笑ってくれるのも嬉しかったし、一緒に歌ってって言ってくれたあとほんっっとに嬉しそうな笑顔でうんうん、って聞いてくれるの嬉しかったなーーー。

あぁ、まだまだ言い足りない。でももう4000文字も書いてる。(笑)
まだまだ終わらない、ミスターチルドレンの旅。これからもまだまだ、夢を見させてください。ありがとう!!!!!幸せな時間でした。たのしかったーーー!ついったのつぶやきも記録に。